2012年10月01日

お米は太らない?

こんにちは。吉澤です。


台風もすっかり東北へいってしまいましたね。昨日の雨が降り始めた時点では、風とかもけっこう出るのかなーと思って心配しましたが、長野県はたいしたことなくてよかったです。

山に囲まれてると台風の被害もあまりなく、とてもいいところだとあらためて思いました。






さて、今日は、お米は太らない?というお話をします。


ダイエットの誤解として問題なのが「米嫌い」です。

炭水化物、中でも米は太ると思い込んでいる人がどれだけ多いことか・・・。

でも全くの誤解なのです。



確かに炭水化物は脂肪になりやすい側面があります。
ただし、太りやすいのはパスタやパンなどの小麦製品です。小麦の加工食品は体内で分解されにくいので腸壁に分解されなかった成分がこびりつき、やせるための栄養の吸収を悪くし、代謝が下がってしまうからです。


一方米はどうでしょうか?

米は原形そのままの食品です。こうしたもとの形に近い食品は消化がいい。エネルギーとして消費され、脂肪になりにくいのです。


いもも敬遠されがちですが、いもは体を温めるのでおすすめの食品です。

腹持ちもバツグンです。




とはいえ、炭水化物を抜くと一時的に体重が減るのは事実です。ですから炭水化物抜きダイエットは人気があるのです。



でもみなさん肝心なことを忘れています。
脳を動かす成分は何でしょう??


それは糖。中でも炭水化物の成分がもっとも良質な脳の栄養です。つまり、ごはんなど、炭水化物を抜くと脳が働かなくなるのです。仕事や勉強に手がつかなくなっては賢いやせ方とは言えませんね・・・。
posted by こだま at 13:43| 長野 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よくわかりました(^-^)/
Posted by at 2012年10月26日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
こだま治療室のブログ