2012年11月05日

コラーゲンA

こんにちは。吉澤です。



今日は、昨日の続きのコラーゲンについてお話します。


さてさて、コラーゲンを食べたらそのまま体内に入るのでしょうか??



・・・答えはそうではありません。。



コラーゲンに限らず、タンパク質は最大20種類のアミノ酸から構成されています。

タンパク質は消化吸収の過程で分解されて、アミノ酸単体か、複数のアミノ酸が連なった状態で体内に入ります。食事からとったアミノ酸は体内でタンパク質を合成する材料となりますが、コラーゲン由来のアミノ酸が再びコラーゲンに合成される保証はどこにもないのです。

ですので、とった食品のコラーゲンが、100%肌のコラーゲンにはならないのです。

あるものは、骨や軟骨になり、あるものは血管をつくるために使われるかもしれません。




コラーゲンには、独自のアミノ酸として、ヒドロキシプロリン、ヒドロキシリジンなどが含まれています。これらのアミノ酸が吸収されると、体内でコラーゲン合成を助ける機能を発揮するらしいのです。





コラーゲンを食べた翌日はメイクのノリが違うというのは言いすぎですが、

しかし、肌の水分量は翌日でも大きな違いがあらわれるそうなんです。

なので、もしかしたら、メイクのノリが違うというのもありえる話かもしれません。



posted by こだま at 11:30| 長野 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 株式の投資 at 2012年11月24日 16:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
こだま治療室のブログ